2006年12月24日

うららかな

イブもライブですがなにか。

SHUUBI「ザ・キューブクリスマスミニライブ」@ザ・キューブ〜ポルタ間地下連絡通路。
30分強のステージを2回。
アニキのサポートもやってる井出泰彰さんが、
ギター&キーボード&コーラスで参加。
(白シャツに黒のスリムパンツがお似合いでした)
SHUUBIの歌はもちろんのこと、
クリスマスソングを歌ってくれたり、
山下達郎「クリスマスイブ」をカバーしてくれたり、
(井出さんも歌ったんだよー)
かなりスペシャルな内容でしたわ。
SHUUBIは見るたびに好きになるなあ。
音楽に真剣に向き合っているのがわかるのよね。
そして歌うことができる幸せを、
小さな身体いっぱいに表現してる。
彼女にとって歌うことは生きることなんだと思う。
ライブ後には井出さんとおしゃべりできたよ。
「めちゃイケ」の話とか聞いちゃった。
そして「よいお年を」と握手。
次に会えるのはいつになることやらだけど、
西山さんが引き合わせてくれた縁を大事にしたいです。

0612241.jpg

0612242.jpg

有馬記念でディープインパクト優勝。
圧倒的に強かったですねえ。
西馬さんは見に行ってたそうで

tawawaのケーキ食べたよ。

「M-1」優勝はチュートリアル。
群を抜いておもしろかったから、決勝でパーフェクトだったのも納得。
徳井のキモキャラが確立されてから、
ものすごくおもしろくなったよねえ。
決勝ネタでは「向かいのホーム 路地裏の窓 そんなところにいるはずもないのに」 て!
まさやんの「One More〜」やんか!
「あんな名曲を使うな!」てつっこまれてたよ。
しばらく「冷蔵庫」「チリンチリン」「行きずりの女」という言葉には、
反応してしまいそうです。
フットボールアワーもさすがやね。
麒麟と私の好きなザ・プラン9は、力を出しきれてなかったなあ。
あんなもんじゃないのに。
特にザ・プラン9にとっては、4分という持ち時間は短すぎると思う。

「サラリーマンNEO」復活。
「M-1」を見た後だからかもしれんけど、
期待してたよりもおもしろくなかった。
でもレギュラーでまた放送してほしいわ。
posted by じゅんこ at 23:59| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

これがほんまのロックちゃうんか

オトモダチとランチ。
木屋町三条上ルの「ムッシュ ふらいぱん」で、
チーズフォンデュのコースを食べた。
コクのあるチーズがうまー。
それにサラダ、スープ、パスタ、ケーキのセット。
お腹いっぱい。
それからお茶を飲みにキルフェボンへ。
運良く待たずに座れて、
メニューを見たら美味しそうなケーキがずらり。
ええ、当然食べましたがな。
モンブランのタルト、めちゃうまー。
甘さのバランスがちょうどよいのよ。

片山尚志/騒音寺@磔磔。
騒音寺のワンマンだよ。
オープニングアクトの片山さんは、
片山ブレイカーズ&ザ★ロケンローパーティのボーカルさん。
バンドではばりばりロックなのに、
弾き語りはフォーク風味だったのでちょっと意外。
なかなかよかった。

騒音寺は私が京都で一番かっこいいと思ってるバンド。
ワンマンだったから曲数が多くて超うれしい。
うかれて騒いで汗かきました。
ナベさんの存在感はもちろんだけど、
他の4人もかなりかっこいいのよねえ。
今日は特にタムさんのギターに聞き惚れました。
ナベさんの衣装チェンジの間に、村八分のカバーを歌ってたよ。
定番のあの曲、ナベさんとコーヘイくんの掛け合いあるあの曲は、
なんとナベさんに代わって岡さんが歌ったのでびっくり。
とにかく楽しかったなあ。
アンコールではナベさんが客席におりてきて握手してくれた。
きゃーきゃーきゃー。
盛り上がる系のライブに行くと、
かなりストレス解消になるわ。
次の京都ライブは来年1月14日なんだけど、
その日は布袋@大阪城ホールなのよねえ。
そんで2月からはレコーディングに入るらしいので、
しばらくライブはおあずけぽいのが残念。
でも今日、いっぱい新曲聞けたので期待して待つことにするよ。
そうそう、序盤のMCでナベさんが解散宣言もどきをしたら、
私の近くにいた女の子が本気で泣きそうになってたぞ。
ああいう悪ふざけは心臓に悪いからやめていただきたい…苦笑。
これからも京都のロックシーンをひっぱっていってください。
京都のロックの伝統を作っていってください。
地方にもツアーでわりと行ったりするので、
みなさまがたにもほんまに一度見てほしいなあ。
京都の妖しい魅力を知ってもらいたい。

あまりにライブが素晴らしかったので、
ずっと買うのを迷っていたTシャツを購入した。
金ないのになー。
でもかっこいいからいいのだ。

社会の窓から
ブルースが来るぜ
帰り道
-MC-
嘆きのブルドッグ
東京ドール
小さな恋人
-MC-
薮の中
かわいそうなあの子
-MC-
浮気節
狐か狸か
夢うつつ (TAMU Vo.)
―MC―
I'm walkin'
風来坊
-MC-
ニグロの血
Brandnew guitar blues
Let's go Danny
乱調秋田音頭
SO-ON★G
enc.1
星の降る夜
KARASU ON MY SHOULDER
enc.2
Life is beautiful
(セットリストは公式ブログから)
posted by じゅんこ at 23:58| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

4年ぶりの大阪だって

2日連続大阪へ。

「SPIRITS ON THE ROCKS」@OSAKA MUSE。
 AGE of PUNK/test-No./De+LAX

AGE of PUNK
ごめーん。
AGE of P 'I'NKじゃなくてAGE of P'U'NKやった。
OSAKA MUSEサイトの記載が間違ってたんですよ。
それをそのままコピぺした私が悪いんですが。
検索しても出てこないはずだわ…。
で、この人たちはkyoちゃんの事務所みたいです。
ちなみにギターはBUGの人、ドラムはLucyの人。
もろバンドブーム時代の音でした。
ところでD'ERLANGER復活のウワサが流れてますが、
ほんとのところどうなんですかね。
どうせやるなら武道館だけじゃなくて、
大阪にも来てところです。
だって私、D'ERLANGER見たことないんだもん。

test-No.
前のほうに行ってみると思いがけないオトモダチに遭遇!
今日は知り合いに会うと思ってなかったからびっくりよ。
ほんで関西から布袋@品川に行ってるオトモダチもいるとかで。
あちらはあちらで楽しいみたいでしたよ。
バンドの人はどっかで見たことある顔だと思ったら、
なんとBY-SEXUAL→ZIGZOのDenとRyoでした。
まだ生き残ってたのね。
ドラムの人は今年いっぱいで脱退だそうです。
oioi系だったのでちょいと苦手。
2列目で見てたんだけどすぐに後ろに下がった。

調べれば調べるほど、
この日のメンツがいかに濃かったかがわかる…。

トリはお目当てのDe+LAX。
昨年の再結成ライブは、
わざわざロフトまで見に行ったのよねえ。
当時無職だったから時間だけはあったし。
まあそれはいいとして。
大阪でやるのは4年ぶりなんだってさ。
宙也は昨日のアルコールが残ってたらしく、
顔はむくみ目は充血してたけど(本人談)、
そんなことは関係なくすごい盛り上がったー。
宙也がテンション高くて客席にダイブしてた。
最前列にいたので宙也の手を触れたー。
正美さんがかっこよかったー。
あんなキレキャラやったっけ?
正美さん側で見ればよかったなあとちょっと後悔。
(やっぱり私はベースが好きなんかねえ)
首も肩も足も腕も痛くなるくらいの盛り上がりっぷりでしたよ。
ちゃんとアルバム揃えようっと。

061210.jpg ←オトモダチがゲット!


感じ悪いなーという出来事が重なったので、
ちょっとイラっとしている。
ひとつはライブ中のミュージシャンに対して、
もうひとつはmixiでのできごと。
お願いだから心穏やかでいさせてください。
posted by じゅんこ at 23:59| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

曇りのち雨

昨日、書き忘れてた。
録画しておいた先週の「ミュージックフェア」を見た話。
のちほど追記。

髪の毛を切った。

「ナミさんのプチいのちのまつりシリーズ vol.3」@ 拾得。
 ダダ・チャイルド/南正人
詳細はのちほど。
とりあえず写真だけアップしときます。

0611261.jpg
ナミさんとのセッション。

0611262.jpg


ディープインパクト、ジャパンカップ勝利!

The Gospellersがサンスポの1ページにでっかく載ったらしい。
リーダーとポンの年齢間違ってるけどなー。


posted by じゅんこ at 23:59| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

そりゃ疲れるよ

ライブ3本ハシゴした。

「COOL BEAT in KYOTO 〜京都 秋の彩音〜」@京都駅ビル室町小路広場。
 植村花菜/SHUUBI/SAKURA/Fried Pride/つじあやの
α-stationの15周年記念ライブ。
植村花菜は声が落ち着いていてよかった。
お目当てのSHUUBI(本当のお目当てはサポの井出泰彰さん)は、
1曲目が「うららかな」でお客さんの心をがっちりつかんでたなあ。
彼女からは歌に対するまっすぐな思いが伝わってくる。
まだ数回しかライブ見たことないんやけど、
なじみの曲も増えてきたしだんだん好きになっていくなあ。
井出さんのギターとコーラスとキーボードにも心が癒された。
4曲しかやらんかったのが残念。
井出さんはダウンのベスト着てたけど寒そうだったわ。
帽子の下から見える髪の毛が短くなってるのがわかった。

01. うららかな
02. 僕らの星
03. ハジマリノウタ
04. NIJI

ここでタイムアップになったので河原町に移動。

ロボピッチャー(katoitoバージョン)/岸田繁(from くるり)@タワレコ京都。
「みやこ音楽祭」のプロモーションの一環。
私が到着したときにはもうロボピが歌っていて、
もんのすごい人だかりに腰がひけたわ。
DVD売り場が機能停止してて警備員までいた。
加藤さんと伊藤さんの顔がちらほら見える程度で、
ぼんやりと聞かせてもらった。
繁くんは始まる前に「一生のお願いがある」と言って、
客を半歩ずつ下がらせて前にいる客を座らせて、
みんなが見えるようにしてくれた。
あの配慮とお客さんが素直に従うのは素晴らしいわ。
なかなかできることじゃないですよ。
「ばらの花」と新曲がよかったなあ。
この人の曲はじんわりとした味わいがありますな。
コンピ「みやこ音楽」については、
「これは長く聞けるCDですよ」と自画自賛。
「CDには長く聞けるのと、すぐ飽きるのと、
3年に1回くらい聞きたくなるのがあるんですよ」だって。
うまいこと言うなあ。
でもほんとにいいCDなので私からも大プッシュします。

終わってからサイン会があって並んでみたら、
人は多いのにみんな並ばないで見てるのね。
へんだなあと思って店員さんに聞いてみたら
「CD購入者の先着限定30人だけなんです」とのこと。
ちなみに私は発売前日の夜にフラゲして25番だったんだけど、
ぶっちゃけ熱烈なファンでないのでひじょうに申し訳なかったです。
私なんかがもらっちゃってすまん…。
繁くんと握手してしゃべれたのはうれしかったけど。

0611251.jpg
加藤さんと繁くんのサイン…笑。


そして夜は木屋町へ。
無二/Welcome/ダダチャイルド/dubmarronics@urbanguild。
ぼろい雑居ビルの3階にあるハコで、
てっきり狭いと思い込んでいたので入った瞬間にびっくりよ。
天井が高くて広くて居心地よし。
テーブルが並んでいて食事をしながらライブを見られる。
木屋町にこんな場所があるなんて。
ここでイベントとかやったらいいだろうなあと妄想したりして。
で、ここでのお目当てはダダチャイルド。
我らがhi*limits鶴坊がサポートでギターを弾いていたのですよ。
バンドのときはどうしても大城さんのギターに目がいきがちなんだけど、
鶴坊のギターもものすごく上手いのねえ。
聞き入ってしまうのよ、知らず知らずのうちに。
改めてこの人、すごいと思った。
そして中盤に1曲だけ鶴坊も歌ってくれた。
ソロアルバムリリースが近いから最近の曲だろうなと予測してたら、
なんとあの名曲「シャイニン・スター」ですよ。
大好きな曲なので感涙。
まさか聞けるとは思ってなかった。
ノドの調子が悪くて声出すのがしんどそうだったけど。
鶴坊を連れてきてくれたダダチャイルドには申し訳ないが、
私はやっぱり鶴坊にもっと歌ってほしいなあと思ってしまった。

0611252.jpg ダダチャイルド。

0611253.jpg
ジャケットとスニーカーは鶴坊が大好きな緑!

0611254.jpg 加工してみた。


posted by じゅんこ at 23:59| 京都 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | ライブ2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

CDもいいけどやっぱりライブ

仕事終わってから神戸へ。
週末だからできること。

「POP FILE」@三宮BACKBEAT。
 吉野大地/友梨香/KENJYUN/梅津貴之/TOZY
お目当ての梅津貴之さんが登場したのは9時過ぎ。
あまりに空腹だったのでラーメン食べてから行ったよ…。
学生時代に一緒にバンドをやっていた友人の結婚式で歌ったという、
「ごめんねサリー」って曲が一番よかったなあ。
特定の個人を思い浮かべてるからだろうけど、
ものすごく詩がリアルで優しくて、
梅津さんの人柄が伝わってくるんですよ。
CDのタイトルにもなってる「東京ナイズ」も、
ポップなのにロックの隠し味があってお気に入りです。
じつは梅津さん、体調を崩していて、
なんとなく弱々しかったけど大丈夫かしらん。

明日の京都観光も楽しんでねー。
でまた関西でライブやってねー。
お菓子ありがとー(K氏にもらいました)。

タイトル未定
山茶花の季節
星空
ごめんねサリー
クッキー
東京ナイズ
季節のまわしもの

というわけで梅津さんの自主制作盤マキシシングル、
「東京ナイズ」(CD-R 5曲入り500円)はライブ会場などで発売してます。
それとビクター配信レーベルrookiestarより
「東京ナイズ」がリリースされてるので、
まずはそちらで聞いてみるのもいいかも。
それと数年ぶりにmikuさんとお会いできたのがうれしかったです。

0611241.jpg

0611242.jpg


終電で帰宅。
「きらきらアフロ」を途中から見て(もちろん録画予約済)、
それからNHK「POP JAM」を見たら、
コレクターズが出ててびっくり。
噂は聞いてたけど今日だったのか。
しかも歌ったのが私が唯一口ずさめる「世界をとめて」だったので、
喜び倍増でありました。

来週の「僕らの音楽」は森山直太朗と阿部サダヲ!
要録画!


posted by じゅんこ at 23:59| 京都 | Comment(2) | TrackBack(0) | ライブ2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

週末は楽しい

山科にあるゆる音屋でオトモダチとランチ。
パスタもデザートも美味でした。
店の雰囲気も接客も二重丸。
人気があるのも納得だわ。
3時間くらい話し込む。

その後、時間があったのでブーツ探しをぶらぶらと。
ところがなかなかイメージしているものが見つからない。
最近はしゅっとしたデザインが多いけど、
私はぼってりした靴が好きなので難しいのよねえ。
結局、CAMPERで赤のスリッポンを購入。
あれ、ブーツは?
もうどうでもいいです。

THE PRIVATES「Monsters Suck Tour '06」@磔磔。
このバンドを見始めてからもう5年くらいになるのかなあ。
もっと評価されてもいいバンドのひとつだと思うよ。
私ねー、THE PRIVATESのライブには全く不満がないのよ。
磔磔という場所を気に入ってくれてるらしくて、
いつもワンマンやってくれるのも嬉しい。
今日もショーネン前2列目でたっぷり踊ってきたよ。
もんのすごい楽しかった。
アンコール2回もやってくれたし。
まだ耳鳴りしてるけどこのままずっと続けてほしい。

061111.jpg

↑本編のセットリスト(アンコールは記載されてない)。
ちなみに今、京都は観光シーズンのため、
まったくホテルがとれないらしく、
メンバーたちは大津に泊まったらしい。

NHK教育「ETV特集」で「よみがえる松田優作」
5月にやった「知るを楽しむ」を再編集したものだった。
リリー・フランキーが語り手で、
オーケンもインタビューに出てたよ。

ラーメンズがMacのCM出てる
Macやるねー。ニヤリ。

posted by じゅんこ at 23:50| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

もみあげが京本政樹だよ

スガシカオ 10th Anniversary Shikao & The Family Sugar TOUR '06
「PARADE ON」@京都会館。
私はあんまりシカオちゃんに詳しくないんだけど、
なぜか今回のツアーは行ってみたくなったのよねえ。
思ったよりも男性ファンが多いのと、
オトナな感じのきれいでおしゃれな女性が多かったのが印象的でした。
(もちろん例外もいるが)

1曲目は「19才」。
しょっぱなからすげーエロかった。
繰り返すけど、まじでほんまにエロかった。
もうねー、感想が「エロい」としか出てこないのよ。
この人の声、ずるいわ。
ナマで聞くとまじでやばい。

サポート陣も豪華。
ドラムが沼澤尚さん、コーラスがAMAZONSだもんねー。
「午後のパレード」の振り付けを見たときは、
米米CLUBのライブに来たかのような錯覚がしたけどねー。
AMAZONSがシュークリームシュに見えたのはここだけの秘密だ。

で思ったより知ってる曲が多かったし、
ファンクな曲が多かった。
「ファンクのファンは少ないんだよ。
オレはファンクが好きな人を大切にするよ」って自分で言ってたしね。
静かなお客さんを少しずつ少しずつ盛り上げるのは、
すごいなーと思った。
シカオちゃんは、最初は白シャツ、
中盤でピンクのシャツに着替えてたよ。
この人、細身だからシンプルなシャツが似合うね。
テレビでは見たことないとっても楽しそうな顔をしていて、
こういうのがライブならではの醍醐味だよなあと思ったよ。

でもMCはおもしろくて笑わせてばかり。
京都にはシカオちゃんの弾き語りをする人がいるらしくて、
実際、今日も会場前で歌ってたんだけど、
シカオちゃんもその噂を聞いてたらしくて、
スタッフにビデオ撮らせたんだって。
でシカオちゃん曰く、
「見た目はBEGIN、声はX JAPAN、
そして横には山崎まさよしのスコアもあった。
キミは一体何になりたいんだ?」だと…笑。
あと昔の彼女が登録してないかなーと、
ファンクラブの名簿を見ようとしたら、
パスワードが変わっていてブロックされた情けない話とか。

アンコール1回しかなくてあっさり終わっちゃたのが残念かなー。
でも楽しかったし満足っす。
ステージセットとか照明も豪華だったし、
これで5,250円はおトクだと思う。


---------------------------
19才
秘密結社
サナギ
真夏の夜のユメ
斜陽
ホームにて
夏陰
RUSH
タイムマシーン
ぼくたちの日々
7月7日
Life・・・(AMAZONS)
38分15秒
あまい果実
奇跡
HOP STEP〜
ミートソース
STORY
午後のパレード

SWEET BABY
アシンメトリー
このところちょっと

※セットリストは2ちゃん転載なので違うかもしれんよ。
posted by じゅんこ at 23:50| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

妥当かな

「サイバーミュージックアワード」@BIGCAT。
 #9/bus stop mouse/コークヘロ3型/SGホネオカ/矢印→/クリームチーズオブサン/SIBERIAN-NEWSPAPER

関西在住のインディーズを応援するイベント。
優勝者には100万相当の商品が出るそうで。
行こうかどうしようか迷っていたんだけど、
オトモダチが行くというので私も参加。
結果的にお久しぶりの人にも会えてうれしかったです。

#9
ギャル系のボーカルなので苦手。
ホーンが入っているのにあんまり生かされてない。
振り付けとかあって見てておもしろかったけど。
ライブ後のインタビューがくどい。

bus stop mouse
(いい意味で)若いなー。
でもまだ個性が出てない感じ。

コークヘロ3型
青臭い。
自分のこと「アーティスト」と言うのはどうかと思うが。

SGホネオカ
1年ぶりくらいに見た。
ドラムソロからスタート。
「孔明とロマンチスト」と「BENに首ったけ」の2曲のみ。
いい曲いっぱいあるんだから、
肩車とか掛け軸とかパフォーマンスやらんと3曲やったらよかったのに。
声がいまいちだったのは、レコーディングあけだからですか?

矢印→
事前の投票数1位。
広島出身のミクスチャー系。
思いがけずけっこうよかった。

クリームチーズオブサン
一昨年の準グランプリだそうで。
最近、よく名前を聞くバンドなのでライブを見てみたかったの。
客をのせるのが上手いなあと思う。
見てるだけで楽しい気分になる。
ちなみに今日の入場券をいただいたのはこのバンドのボーカルさま。
「これも何かの縁ですから」だって。

SIBERIAN-NEWSPAPER
インスト。
大人な感じで演奏も上手い。
よかったけど人の多さに疲れて1曲聞いたら外に出てしまった。

全体的にはジャンルばらばらで見ていて飽きなかったし、
インディーズにしてはまあまあレベル高かったのでは。

投票後のプレゼント抽選が長くて疲れたけどなー。

グランプリはクリームチーズオブサン。
まあ妥当でしょう。
メンバーさんたちがすっごい喜んでてて、
ファンの人たちもキャーキャー言ってた。
自分の応援してるバンドが認められるって、
うれしいことなんだろうなあ。
SGホネオカが特別賞、コークヘロ3型が準グランプリ。

4時スタートで終わったのが8時くらい。
それからオトモダチと居酒屋へ。


posted by じゅんこ at 23:50| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-