2012年03月13日

かぶりつき

真夜中にブログを更新していたら、
夜が明けてしまったのです。
あかん。

早朝の日テレの番組で、
氷室のCD特典画像を見ました。
詳細は下記参照。

氷室京介シングル「IF YOU WANT」が三池崇史視点で映像化
そしてさらに2億円を寄付とのこと。

「CHALLENGE! THE WEST 2012 Vol.8」@O-WEST
ハイバナ/フラワーマンバンド/二人目のジャイナ
井出さんと西山さんを満喫してニマニマ。
それも間近で聴いたらなおさらですよ。
とりわけ西山さんのベースは、
いつ聴いてもテンション上がります。
あああ、幸せ。

posted by じゅんこ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 西山史晃ライブ(氷室除く) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

赤いランドセル

twitter始めて今日でちょうど4年。

「新宿ROCK丁目の女たち」@紅布
スカートの中/パンダカミソリ/すっとこどっこい/月野恵理香

歌うことは生きることなのだな。

書きたいことはいろいろあれど、
この一言で十分のような気がする。
ようやくごあいさつできて、
うれしゅうございましたよ。
またリッツパーティーしましょうね☆
そして久しぶりに西山さんのベースと、
遊介さんのギターを堪能させていただきました。
彼女のような歌い手には、
がっちりとサポートしてくれる人が絶対に必要。

そして理不尽に怒るの巻。
だって…。

某氏おすすめの本。

運命が好転する 実践スピリチュアル・トレーニング
エスター・ヒックス ジェリー・ヒックス
PHP研究所
売り上げランキング: 19414

posted by じゅんこ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 西山史晃ライブ(氷室除く) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

確かにエロい

『自信喪失の人は弱い人ではなく、
変わる準備をしている人だ。
妄信と傲慢な人こそ弱い人だ。』
twitterで見かけた言葉。

BAD BANKS TOUR 2011『激熱 BAD SiX BABiES vs THE SLUT BANKS』
発表になりました。
結構休日が多いのね。

アベフトシが逝ってもう2年も経つのか。

ぴあもとうとう廃刊。
毎号買ってた時期もあったから寂しい。

てゆうか私はツアコンか?(2回目)
なにかしら旅のテーマを設定して、
始点と終点はクライアントの営業所で、
必ず道の駅に寄ることが条件で…、
と制約が多いので2日で飽きた。
毎月レギュラーのお仕事ですが。

沼袋という場所に行ってきた。

Five Gentlemen boogie-woogie Band@オルガンジャズ倶楽部
桑野聖(Violin)
稲葉智(Guitar)
片桐久尚(P.Org)
西山史晃(bass)
菅沼道昭(Drums)

予定時間より早く始まっちゃったみたいで、
2ndステージの30分くらいしか見られなかった。
でもね、こんな近くで、
西山さんのベースを聞けるなんて久しぶりで。
あの音は彼にしか出せないよね。
とても幸せな気分に。
「東京出てきました」って挨拶もできたし。

s_201107241251274e2b96bf8e1f8.jpeg

s_201107241251514e2b96d7a0af8.jpeg

s_201107241252094e2b96e924f03.jpeg


打ち上げ行きつつ終電で帰るつもりが、
いろいろあって新宿で朝まで。
途中から女子会になって楽しかったです…笑。

「今日の月は雲のかかり具合がエロい」ってメールがきた。

posted by じゅんこ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 西山史晃ライブ(氷室除く) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

「元気してんの?」

雨の音がうるさくて眠れんかった。

ブーツデビューしました。

THE BAWDIES、交通事故のため京都&金沢公演を延期
びっくりした。
ミュージシャンの方々、
ほんまに気をつけてください。
頼む。

s_201009290120094ca215b95db12.jpeg

山下久美子LIVE TOUR 2010「手をつなごう」@Billboard Live大阪

(G)榊原秀樹
(G)米澤誠一朗
(Key)磯江俊道
(B)西山史晃
(Ds)牟田昌広

久美ちゃんはかわいいけど、
しなやかな強さがある。
あんなに高いヒール履いてても、
ちっこかったから、
ほんとにちびっこなんだな。
でもスタンドマイクが似合うんだよ。

それとやっぱり私は西山さんのベースが大好き。
ありがとうございました(深々と礼)。

s_201009290120264ca215ca5b8bf.jpeg

追記:
仕事の関係で2部のみ参加。
整理番号はよくなかったけど、
ラッキーなことに
西山さんの真ん前のテーブル席に!
アイコンタクトばっちり黒ハート
ベースの音がギターと同じくらいのボリュームでね…笑。
満喫いたしましたよ。

座って静かに見るもんだと思ってたのに、
気づいたらスタンディングで、
大盛り上がり。
こういう大人の場所でやるより、
クアトロあたりのハコで、
普通にライブやったほうがよくね?

詳しくはmixiに気持ち悪い日記を書いたので、
そちらをご参照ください(マイミク限定)。

posted by じゅんこ at 23:59| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 西山史晃ライブ(氷室除く) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

ふみあきさん

定時ダッシュで心斎橋へ。
それでも開演には間に合わず。

rice Live Tour「0/∞ Lv:15」@OSAKA MUSE
ツアー最終日。
1曲目の終わりかけで会場に着いたんだけど、
なんとそれが一番聞きたかった「sing you」だったらしく。
泣きたい…。
半年ぶりのriceは、
なんだかとても頼もしくて、
有紀の言葉は強くて優しかった。
riceのときは、
西山史晃さまをガン見してる私なのに、
今回は無意識のうちに、
有紀とhiroを見てたような気がする。
確実に一回りも二回りも大きくなってた。
私がriceを見始めた頃は、
サポ陣に守られてる感じだったのが、
今は引っ張っていってるもんね。
すべてのことがいい方向に動いてるんだろうな。
インディーズ1位っていうのも納得。
「Lovers」「リルゴ・マキアート」「wipe」、
この3曲の流れが印象に残ってる。
それと若い新しいお客さんが増えてるみたい。
少しずつ少しずつでいいから、
riceの輪がもっと大きくなりますように。

西山さんはなんか笑顔が多くて、
見せ場も多くて、
有紀のおちゃらけMCにこらえきれず、
こっそり笑ってたのをつっこまれたり。
「ふーみん」コールも多かったなあ。

で、今まで私は「西山さん」と呼んでいましたが、
これからは有紀にならって、
「ふみあきさん」と言うことにします。
本人公認な。
それと「ステージから(私が)いるのわかったよ」と
言われてとても照れた。
美味しいお酒が飲めたのは言うまでもありません。

Sing you
Sing you
posted with amazlet at 10.05.02
rice
YURO Enterprise / PCI MUSIC (2010-04-14)
売り上げランキング: 26984


それから余談だけど、
クリスピークリームドーナツが
MUSEの近くにオープンしてて、
夜遅くまで行列ができてた。
並んでまでは欲しくないや。

100430_2341~01.jpg
posted by じゅんこ at 23:59| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西山史晃ライブ(氷室除く) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

感想とかセットリストとか

Fumiaki Nishiyama Presents「Miscast vol.3」
西山史晃(b.vo) / 本田毅(g) / 榊原秀樹(g) / 吉田遊介(g) / 深澤竜(ds)
村田一弘(ds) / 宮原学(vo.g) / Daisaku(Rap) / 潮崎裕己(key)...and more

リハが3時くらいから始まったみたいなんだけど、
とにかく出演者が多いので、
開場時間になってもまだ音が聞こえてきた。
ぎゃー、何の曲やるか知りたくないのにー。

西山フレンズのおかげで早い整理番号をゲット。
一番前で見ることができた。
とりあえず場所を確保してよく見たら、
西山さんのポジションはなんと私の前らしく。
てっきりセンターに陣取ると思ってたので嬉しい誤算。

客電が消えてSEが流れ始める。
まさかのエンヤ。
いったいどんなイベントになるのか、
予想もつかなくてワクワクする。

そして開演。
西山さんは缶ビール(一番搾り)を
お尻のポケットに入れて登場。
飲みながらやる感じ?
緑の長袖Tがまぶしい。

ROGUEやKNiFe、
リアルタイムでは聞けなかった曲たち、
そして前回、前々回のMiscastで披露された曲たち。
耳なじみの曲もけっこうあった。
「Ship of complex」をナマで聞けたのがうれしかったな。

本田毅はやはり神でした。
それとriceのhiroが叩くドラムがよかった。
西山さんのボーカルはちょっとしんどそうだったな。
いつもよりも声が出てなくて残念。
もちろんベースは天下一品でしたよ。
いろいろ大変だったと思うけど、
いっぱい気も使ってたと思うけど、
楽しそうだったのが印象的だった。

私は、最初こそテンション高かったものの、
ステージの上の緊張が伝わってきてしまったのと、
前半、静かめの曲が続いたので、
なんとなくおとなしくなってしまった。
ちょっと反省。

新しい2曲が初披露された。
リハビリ中の奥野さんが歌詞を書いたという、
「シミュレーションゲーム」がよかったな。
Voyakingに歌詞が出てます
ここで前半終了。

いったん全員撤収かと思ったら、
西山さんと遊介さんは居残り。
もしや西山さん、最後まで出ずっぱりなのか!
我々はとてもうれしいけれど、
見ているだけでも結構しんどいのに、
(いや、もちろん楽しんではいるんですが)
大丈夫なんだろうかとちと心配になったりして。
それから余談なんだけど、
遊介さんはみんなから、
「おじいちゃん」って呼ばれてたのがおかしかった。

後半は盛り上がり系。
ラップのdaisaku氏がかっこよかったなあ。
いまいち苦手分野なのは事実なんだけど、
昔の曲たちがとても新鮮に聞こえた。
食わず嫌いはいかんね。

ステージの前ギリギリまで行こうとした西山さん。
シールドが短くて残念な結果に…。

秀樹は常松さんのインストア終了後に来た。
メイクが濃かった…。
それから竜さんは威勢よかったなあ。
初めて見たけど好感度大。

アンコールは小田原さんも駆けつけ、
KISSAMAで「夜をぶっ飛ばせ」。
最後にみんなでセッションやるかなーと思って、
2回目のアンコールを期待していたのに、
早々と客電はついてしまうわ、
物販は始まってしまうわで、
わらわらとお客さんが帰り始めてしまった。
あれはあかんわー。
ステージでは出るか出ないか、
ちらちらこちらの様子を窺っていたのに。
もうちょっと状況が違っていたら、
予定されていた最後の曲やっただろうに。
あー、心残り。

それと愚痴ついでに書くけど、
後ろの人たちがとてもうるさかったのが残念。
どのように楽しもうと勝手だけどさ、
他人の邪魔をするのはどうよ?と思った。

終わり方はとても残念だったけれど、
素晴らしい才能を持ったミュージシャンたちが、
たくさん集って素敵な時間を作ってくれたことに感謝。
これも西山さんの人徳だね。
ありがとうございました。
スタッフの方々もおつかれさまでした。
それと狭いスペースを、
無理な体勢でがんばっていた、
カメラマン氏もおつかれさま。
撮影した画像を見せてもらえる機会があればうれしいな。

終わってからはフロアにみなさん出てきてくれて、
サイン会やら撮影会やら。
今回のTシャツデザインは西山さんだそうで。
予想よりもシルバーの発色が悪くて、
しょんぼりうなだれてたらしいけど、
明るいところで見たら全然オッケーですよ!


<セットリスト>
(Voyakingから転載)
SE カリビアンブルー(エンヤ)
1 Cheap Trick(KNiFe以下K)
2 SEASIDE STREET(ROGUE以下R)
3 7・7・7(K、インスト)
4 Ship of complex(R)
5 Moon Light Savage(K)
6 PA’LETTES(K)
7 ワンダフルトゥナイト(vo宮原学)
8 You gotta move it!(西山solo以下s)
9 Love(s新曲)
10 シミュレーションゲーム(s新曲)
11 ここでキスして(vo KAO)
12 キセキ(vo KAO)
13 I Love N.Y(K)
14 恋のハートアタッカー(K)
15 LOSE ONESELF(R、feat.daisaku)
16 Miscast man(K、feat.daisaku)
17 太陽の季節(カリキュラマシーン以下カ、vo榊原秀樹)
18 ARE YOU HAPPY?(カ、vo榊原秀樹)
19 Nori(s、インスト)
20 この地球上に(s)
21 R&R is dead(s)
EN 夜をぶっ飛ばせ(s)
posted by じゅんこ at 23:59| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 西山史晃ライブ(氷室除く) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Miscastには深い意味が

miscast3-1.jpg

とりあえず写真載っけておきます。
セットリストは画像参照ってことで。
予定は未定ってことでアンコールで変更があったりして。
ちなみにお花とチロルチョコは我らのプレゼントです。
あとワインもね。

PA240108.jpg

PA240107.jpg

PA240114.jpg

PA240113.jpg

PA240115.jpg

PA250123.jpg

PA250129.jpg

PA250120.jpg

PA240112.jpg

posted by じゅんこ at 23:59| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 西山史晃ライブ(氷室除く) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

ピック…

過ぎ去る夏を慈しむかのように、
ノースリーブとサンダルで出勤。

「今年の漢字」今年も清水寺で。
あそこがあんな事件起こしたから、
どうなるかと思ったけれど。
でも全国的に大きなニュースになるからねえ。
森貫主の揮毫も例年通りみたい。

rice Tour [0/∞ Lv:14]@大阪MUSE
楽しかった。
そして切なくなった。
想いがいっぱい詰まったライブでした。
握手してもろたよ。
posted by じゅんこ at 23:59| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 西山史晃ライブ(氷室除く) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

KISSAMAチラシその2

スキャンしてみた。

kissama2.jpg

posted by じゅんこ at 13:18| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 西山史晃ライブ(氷室除く) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

「今日帰ります」「どこに?」

「RUMBLING ROLL MUSIC Vol.2ー SUMMER TIME BLUES 2009 ー」@ON AIR nest
新宿心音会板谷祐/山田晃士 + 福島久雄 + 田ノ岡三郎/KISSAMA【宮原学(g.vo)西山史晃(b)小田原豊(ds)】/大矢侑史

タスクさんが最初。
フトシさんのツアーで聞き慣れたこともあって、
いい声してんなーと改めて思った。

本日初ライブのKISSAMA
持ち時間短いのに、
曲ないしどうしようかなー、
とか言ってる人がいたので心配だったけど、
とてもいい感じで30分間やってたよ。
緊張してたせいか、
宮原さんがおとなしかったよ。
西山さんはリラックスして楽しんでるように見えた。
帽子にパーカーのフードかぶった姿は笑っちゃったけど。
MC一発目は西山さんだったね。
ものすごく生意気な言い方をすれば、
3人ともキャリアのある方々なので、
ライブをばんばんやっていって、
バンドとしてのまとまりというか、
こなれた感じになると、
もっとおもしろくなりそうだなあ…みたいな。
でも西山さんと宮原さんのラブラブっぷりは、
正直あんまり見たくないですw

あー、ピック欲しかった。

Today is the day
See”C”
Four Round boy
Higher ground

P8310063.jpg


新宿駅で見つけたポスター。
「LIVE for LOVE We support WaterAid」。
氷室が出てます。
渋谷の街にあるでかいテレビでも告知されとった。

P8310062.jpg


さらば東京。
また来るぜ。
夏の思い出がいっぱいできてうれしいです。
posted by じゅんこ at 23:59| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 西山史晃ライブ(氷室除く) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-