2014年07月20日

Carpe Diem

ツアーファイナルの感想を。

氷室京介「WOWOW presents KYOSUKE HIMURO 25th Anniversary TOUR GREATEST ANTHOLOGY –NAKED- FINAL DESTINATION」@横浜スタジアム。

17時開演。
曇り空。
ステージは青のビニールシートに覆われたまま。
もしや…。
嫌な予感がよぎる。

緊張。
なのに。
ライブフォトのスライドショーが始まる。
時折、幼少の頃や、やんちゃな写真が映り歓声がわく。
スタッフがステージに出てきてビニールシートを外す。
この間、約40分。
ぶっちゃけ長い。

18時過ぎ。
待ちに待った。
3年ぶりの氷室。
ようやく。

1曲目は『WARRIORS』。
これライブで聴くの初めて。
そうだった。
氷室のライブはBメロからずっと右腕を挙げるのよねえ。
思い出してきた。
でもステージの彼が本調子でないのが分かる。
昨日の打撲のせいだろうか。

序盤の『WILD AT NIGHT』『GIRLS BE GLAMOROUS』で
盛り上がりは加速。
西山さんが前に出てきて煽る。
かっこええええええ。
『CALLING』の「ちっぽけな愛のささやかな力で
悲しみはいつも抱かれるのを待っている」という歌詞で不意に涙が。
『眠りこむ前に』『DEAR ALGERNON』『たどりついたらいつも雨ふり』と
たたみかける。
『DEAR ALGERNON』前のMCのせいでまたうるっときた。
あの時期じゃなかったら書けなかった歌詞。

最近の曲とこれまでの定番が上手いこと配置されている。
3人のお子さんとシングルの関係や、
「魂を抱いてくれ」RECでの奥さんの話なども。
頭のファンキーなやつとか。
みんなが俺を支えてくれたとか。

楽しい。
いや楽しむ。
考えるな。
感じろ。
そんな気持ち。

YTという人がとてもいいギターを弾いていた。
Dより好きかも。

1曲終わるごとに楽器をチェンジする関係なのか間が空く。
立て続けにやってほしいのでちょっともてあます時間。

途中からどこかで花火大会が始まった。
私の席からは、ステージと、花火と、
そして近づいてくる雷がよく見えた。

『WILD ROMANCE』の
「傷つくのは弱さのせいじゃない」でも泣いた。
本編20曲で終了。
もの足りない。

雨がぽつぽつ降ってきた。
そしてアンコール。
『NORTH OF EDEN』から『THE SUN ALSO RISES』へ。
ここ数年の作品の中で群を抜いて好きな歌。
自分の心情とも重なって、
嗚咽しそうになるほど大泣きしてしまった。
雨が涙を隠してくれて助かった。

雷と雨が激しくなって一時中断。
アナウンスでコンコースに避難する。
誘導が迅速で助かった。
ディスクガレージGJ。
30分ほど待機。

協議の結果、再開するとのアナウンス。
席に戻る。

21時10分頃、再開。
氷室の登場にどよめく。
歌い始める前に、昨日のリハで転倒したこと、
レントゲンをとったら骨折していたことを明かす。
「命がけで最高の『ANGEL』を贈ります!」

そう、彼は何度か「命がけ」という言葉を使った。
25年もの間、文字通り命がけで「氷室京介」を貫いてきた。
同じ時間を共有できるライブをなによりも大切にしてくれた。
その生き方を私たちは尊敬し、尊重し、
彼に少しでも近づこうとするかのように、
自分自身を叱咤激励して生きてきた。

でも今日の『ANGEL』は彼が満足できるものではなかった。
「今日はもうこれ以上できない。
プロとして申し訳ない。必ずリベンジのライブをします」
そう約束してステージを去っていった。

ああ、これが氷室京介だ。
誰よりも自分に厳しい。
そして誰よりもファンのことを考えてくれる。
これが氷室京介という生き方なんだ。

突発的なことがあまりに多すぎて、
「卒業」は延期になってしまった。
それは嬉しい反面、彼の心情を考えると複雑でもある。
まだ寂しさは襲ってきていない。
続きがあるから。
最後を自分の目で見届ける。
それでようやくケリがつけられる気がする。
それがファンとしてのプライドだと思っている。

01.WARRIORS
02.PARACHUTE
03.WILD AT NIGHT
04.GIRLS BE GLAMOROUS
05.CALLING
06.眠りこむ前に
07.DEAR ALGERNON
08.たどりついたらいつも雨ふり
09.ONE LIFE
10.BANG THE BEAT
11.Doppelganger
12.NATIVE STRANGER
13.魂を抱いてくれ
14.IF YOU WANT
15.ROCK’N’ROLL SUICIDE
16.WEEKEND SHUFFLE
17.IN THE NUDE
18.LOVE&GAME
19.DRIVE
20.WILD ROMANCE
【アンコール】
21.NORTH OF EDEN
22.THE SUN ALSO RISES
【雷雨中断】
23.ANGEL


posted by じゅんこ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷室京介ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

王道

氷室京介「KYOSUKE HIMURO SPECIAL GIGS THE BORDERLESS FROM BOΦWY TO HIMURO」@幕張メッセ イベントホール

グッズ買おうと早く並んだのに、
マフラータオルはすぐ売り切れたらしく…。
もっと増産しておいてください。

席は上手花道真横。
モニターがなかったので、
ステージととても近く、
氷室も何度も来てくれた。
アリーナの人たちよりも、
距離的には近かったかも。
しかしながら、
今井さんと西山さんがもろかぶりで、
しっかり姿を見れなかったのが残念。
それと場所的に音が微妙だったなあ。
セットリストは王道的な感じで、
このツアーにはふさわしかったのでは。
「IF YOU WANT」も歌ってくれたしね。
楽しかったけど、
なんとなく物足りなさが残ったのが、
正直な気持ちではあります。
このもやもやは何なのでしょうか。
もしや(一方的な)倦怠期か。

01.BITCH AS WITCH
02.BANG THE BEAT
03.DRIVE
04.PARACHUTE
05.RUNAWAY TRAIN
06.BLUE VACATION
07.ハイウェイに乗る前に
08.BABY ACTION
09.ONLY YOU
10.SUMMER GAME
11.WILD ROMANCE
12.LOVE SHAKER
13.Sarracenia
14.KISS ME
15.LOVE&GAME
16.JEALOUSYを眠らせて
17.ROXY
18.PLASTIC BOMB
19.WILD AT NIGHT
20.NO. NEW YORK
<アンコール>
21.IF YOU WANT
22.VIRGIN BEAT
23.NATIVE STRANGER
24.ANGEL

posted by じゅんこ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷室京介ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

心までつぶされちゃたまんねーぜ!

ライブ前に家探し第2弾。
あまり期待せずに見に行った部屋が、
結構いい感じだった。
家賃は予算をちょいと超えるが、
ネット接続無料だしオートロックだし。
駅から歩いてみたらほどよい距離で、
スーパーもコンビニも、
小さな商店街もあるし。
それから先日第一候補にしていた部屋を再度見に行った。
そしたら致命的な欠点が見つかり断念。
なので本日1軒目のとこに決めた。
こういうときの決断は早いです。

そして氷室2日目。

東日本大震災復興支援チャリティライブ「KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME "We Are Down But Never Give Up!!"」@東京ドーム

今日の席はスペシャルでして。
感謝感謝なのであります。
氷室、たくさんMCしてたね。
「心までつぶされちゃたまんねーぜ!」
ほんとにその通りだよ。
昨日に比べて音もよかったし。
セットリストは同じだったけれど、
それでも十分に楽しかった。
氷室の、スタッフの、メンバーの、
たくさんの人の想いが伝わった2日間でした。

01.DREAMIN'
02.RUNAWAY TRAIN
03.BLUE VACATION
04.ROUGE OF GRAY
05.ハイウェイに乗る前に
06.BABY ACTION
07.JUSTY
08.WELCOME TO THE TWILIGHT
09.BAD FEELING
10."16"
11.LONGER THAN FOREVER
12.MEMORY
13.B・E・L・I・E・V・E
14.季節が君だけを変える
15.B・BLUE
16.MARIONETTE
17.PLASTIC BOMB
18.DOWN TOWN SHUFFLE
19.BEAT SWEET
20.RENDEZ-VOUS
21.ONLY YOU
22.IMAGE DOWN
- encore -
23.ON MY BEAT
24.ホンキー・トンキー・クレイジー
25.NO. NEW YORK

最終の新幹線で京都に戻った。
氷室Tシャツの人がいっぱい…。

雨。

posted by じゅんこ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷室京介ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

We Are Down But Never Give Up!!

久美ちゃん、ブログラストコメント。
そんな…。

東京へ。
母は茅ヶ崎へ。
はあ、気が重い。

ライブを一緒に見るお友だちとお茶した。
久しぶりだったけど、
同い年だし、
働いている業界がちょっと近いので、
なにかと共通の話題もあって。
ネット怖いよねーとか…笑。


s_201107141614544e1e976e89d69.jpeg

東日本大震災復興支援チャリティライブ「KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME "We Are Down But Never Give Up!!"」@東京ドーム

KSで取ったチケットなのにスタンド席。
まあ西山さんが見やすかったからいいか。

1曲目から「DREAMIN'」ですよ。
楽しすぎたとしか言いようがない。
「"16"」とか「ON MY BEAT」とか、
レアな曲もいっぱいあったし、
「WELCOME TO THE TWILIGHT」とか、
「LONGER THAN FOREVER」とか「MEMORY」とか、
大好きな曲もたくさんあって。
でもBOOWYより、
氷室京介の曲が聞きたかったというのが、
本音と言えば本音だけど。
ただ「BAD FEELING」とかは、
やっぱり布袋のギターが懐かしくなっちゃうよね。

ところで、みんなでひとつになる曲が、
「NO. NEW YORK」なんですか???
てっきり「IF YOU WANT」だと思ったのに。
ちなみに「IF YOU WANT」は、
エンドロールでモニターに流れたよ。

西山さん、今日はいつもより前に出てた。
長くなった髪の毛をポニーテールにしてた。
ベースの音は聞きにくかったけど、
コーラスはばっちりだったな。
モニターにたくさんサポメンの姿が映ったので、
きゃーきゃー。
特に西山さんの足元にあったカメラ、
いい仕事してくれはった。

しかしながら、メンバー紹介での転倒…。
突然姿が消えたのでびっくりしたのなんのって。
たぶんモニターかコードかなんかに、
つまづいただけだと思うんだけど。

サポメンのプレッシャーはすごかったやろな。
ほんまにおつかれさまでした。

あ、帰り道に今井隼さんをお見かけしました。
爽やか好青年でした。

そんなに呑んだつもりないのに、
酔っぱらった。

01.DREAMIN'
02.RUNAWAY TRAIN
03.BLUE VACATION
04.ROUGE OF GRAY
05.ハイウェイに乗る前に
06.BABY ACTION
07.JUSTY
08.WELCOME TO THE TWILIGHT
09.BAD FEELING
10."16"
11.LONGER THAN FOREVER
12.MEMORY
13.B・E・L・I・E・V・E
14.季節が君だけを変える
15.B・BLUE
16.MARIONETTE
17.PLASTIC BOMB
18.DOWN TOWN SHUFFLE
19.BEAT SWEET
20.RENDEZ-VOUS
21.ONLY YOU
22.IMAGE DOWN
- encore -
23.ON MY BEAT
24.ホンキー・トンキー・クレイジー
25.NO. NEW YORK

posted by じゅんこ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷室京介ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

サポメン発表

東日本大震災復興支援チャリティライブ
KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME
"We Are Down But Never Give Up!!"

BAND MEMBER決定!!
Drums:永井利光 / Bass:西山史晃
Guitar:本田毅 / Guitar:DAITA / Manipulator:Tessey
想定内だな。
なにはともあれ、
西山史晃さまのお名前があると、
ほっとしますな。

ところで。
氷室オフィシャル、
Flash使うのやめてくんないかなあ。
リンク貼ってあってもiPhoneだと見れないから、
いちいち氷室アプリ開くのめんどいです。

フトシさんのステッカーセットがとても欲しい。

24歳で自殺かあ。
へらへら生きてる私にでも、
死にたくなるようなことはあったけど、
結局実行に至っていないので生きている。
その違いは何なのだろうとか考える。
発作的にだとしたら余りにも悲しい。

「客足戻らず…」震災2カ月
チャリティーと経営の間に揺れるライブハウス事情


次回「MJ」にPerfume、KAT-TUN、フレンチ・キスら
発売中のTVブロスもぜひご覧ください。

佐野元春30周年セレブレーションライブ@大阪城ホールが、
5月14日(土)深夜0:00〜2:00、
CS放送「TBSチャンネル」で放送。

帰省太りしてなくてよかった。

明日のことなど気にせずに、
べろべろになるまで酔いたい。

posted by じゅんこ at 23:59| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 氷室京介ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

氷室チャリティーライブについて想うこと

リクエストをいただいたので、
今回の氷室チャリティーライブについての、
想いをまとめておきます。

まず、私はBOΦWYをリアルタイムで知りません。
ラストの東京ドーム公演から半年後の秋、
同級生の男の子に「PSYCHOPATH」を借りたのがきっかけ。
それ以来、私にとってBOΦWYは特別のバンドとなりました。
氷室はすでにソロ活動を始めていて、
布袋も「GUITARHYTHM」をリリースしていたくらいかな。
それから10年くらいは思い入れが強すぎて、
曲を聞くだけで泣けてきたり…笑。
でも当時からいろんな噂が耳に入ってきて、
再結成を望んだりはしなかったなあ。

で、月日は経って、
まこっちゃんがBOΦWYのイベントに出るようになったり、
布袋がまっちゃんをサポに迎えて、
ツアーでBOΦWYの曲を演奏したりするようになって。
布袋とまっちゃんの共演は単純にうれしかったですよ。
まさか聞けると思ってなかったBOΦWYが、
ナマで聞けるわけだし。

そして2004年の「Boowys vs HIMURO」@東京ドーム。
どんな気持ちだったんかなあ。
もうあんまり覚えてないけど、
単純にうれしかったし、
西山さんを含めたサポメンがBOΦWYを演奏する、
ということも楽しみだった。
その時にはもうBOΦWYに恋い焦がれる気持ちよりも、
今の氷室がBOΦWYを歌うといううれしさの方が勝ってた。
幸運にもアリーナで見れたので、
BOΦWYの曲もソロ曲も周りの温度差はなかったんだけど、
後で聞いたらスタンド席の反応はあまりにも違かったらしくて。
ソロ曲のときにはあからさまに冷めてたと。
やはりリアルタイム世代の人は感じ方が違うのか。
ノスタルジックな感情に浸りに来ただけなのか。
複雑な想いがあるのだろうか。
悲しかった。

その後のSSBツアーでもBOΦWY曲をやったのは、
単純にドームに来れなかった人たちへのサービスだと思ったし、
このツアーは結構な本数行ったので、
日替わりでいろんな曲を歌ってたのはうれしかったよ。
このあたりでもう私のBOΦWYに対する感傷はなくなってて、
ソロ曲に付随するお楽しみみたいな感覚になってた。

でもITMツアーファイナルで「ONLY YOU」やったし、
この前のツアーファイナルのラストに「Dreamin'」歌ったんでしょ。
このへんはよくわからん。
氷室がファンに対してサービス精神でやってるとしか思えん。
正直、BOΦWY曲やるならソロ曲やってほしい。

そして今回のチャリティーライブ。
まず思ったのはなぜ今さらBOΦWY?ってこと。
もう氷室にとっても、
私のまわりの多くの熱烈な氷室ファンにとっても、
すでにBOΦWYは過去のものだと思っていたから。
でも、世間は違うのね。
友人とメールしてわかったのは、
BOΦWYは大好きだったから是が非でも見に行きたい、
でも今のメンバーのソロ活動については知らん、
という人がとても多いということ。
東京ドームでライブをやるなら、
集客力という点に関して言えば、
BOΦWYの方がインパクトが強いのは認めざるを得ない。
氷室もそれがわかってたんだろうなあ。
BOΦWYを愛している人がいまだにたくさんいることを
わかったうえでやると決断したんだろうな。
でも正直言って残念だな。
氷室ソロでやってほしかったな。

そして再結成について。
私は望んでいません。
だって氷室はBOΦWYは過去のものとして捉えているし、
もう全然違う方向を向いて全速力で走ってる。
私はそんな氷室が好きだし、
あんなに大好きだったBOΦWYよりも、
今の氷室のほうが何倍もかっこいいと、
確信を持って言い切れる。
そりゃー、再結成したら見たいよ。
絶対、ライブ行くよ。
でも決して満足はできないと思うんだよね。

で、布袋のコメント。
「BOΦWYの再結成を望む気持ちは皆さんと同じでした。」
いや、私、望んでないけど。
「自分の中で踏ん切りがつきました。」
ようやくかいっ、と突っ込んでしまった。
未練たらたらだったもんなあ。
氷室のことを今でも大好きなのはよくわかった。

まっちゃんのコメント。
「少し寂しい。」
正直な胸の内を明かしてくれたのはうれしいけど、
この人も再結成を望んでいたのかと思うと複雑。

まこっちゃんのコメント。
「それぞれにやれる事やっていけばいいんだなあー。」
割り切ってるよね。
私の気持ちに一番近いのは彼かなあ。

なんかだらだら書いたけど、
決して誰のことも否定してるつもりはないし、
BOΦWYは今でも大好きです。
でもね、ってことですよ。


※これを書くにあたって、
@montopandaさん「氷室さんのチャリティーライブに際しての考察」
参考にさせていただきました。ありがとうございます。

posted by じゅんこ at 18:00| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 氷室京介ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

We are down but never give up!

東日本大震災復興支援チャリティライブ開催決定!!
6月11日(土)東京ドーム
KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME
"We Are Down But Never Give Up!!"

氷室京介コメント
互いの気持ちと力を合わせて支え合う運命の時
微力ではあるけれど俺なりに
過酷な状況下でいまも闘っている皆さんを応援したいと思います
We are down but never give up!

つうことでナタリーの記事。
氷室京介、6月に東京ドームで全曲BOØWYライブ
公式よりもナタリーのほうが、
わかりやすく伝わるってどうなんですかね。

「NEWS ZERO」でライブ紹介したの?

布袋はtwitterで、
「今日は一日中同じ質問やリクエストを浴びるのでしょう。
僕の気持ちを察してもらえないのは淋しいことです。
Twitter、今日は休憩。」
と発言した後、沈黙を守っている。
きっと葛藤があるんだろうな。
未練がましく書くかと思っていたのでほっとしている。

まっちゃんのコメント
BOΦWYのメンバーとしての正直な胸の内を書いている。
わからなくはない。
読んだら複雑な気持ちになった。

閑話休題。
自宅に来客あり。
いろいろ相談した結果、
当初の方針とは違う方向でいくことに。
セールスありきの人じゃなくてよかった。

どしゃぶりの雨。

久しぶりにメールしてみた。
不躾な質問だったのに、
丁寧にレスいただいて感謝です☆

posted by じゅんこ at 23:59| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 氷室京介ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

客入れSE

■BORDERLESS BGM MIX

01.Convinced of the Hex / The Flaming Lips
02.Single Life / Pink Mountaintops
03.Jawbreaker / The Dead Weather
04.Stacks o' Money / Eagles Of Death Metal
05.Flames Go Higher / Eagles Of Death Metal
06.Bad Dream Mama / Eagles Of Death Metal
07.Dead End Friends / Them Crooked Vultures
08.Gunman / Them Crooked Vultures
09.Red Morning Light / Kings of Leon
10.Motocycle, I Love You / Moon Duo
11.Magic Word / Fucked Up
12.Crown of Age / The Ettes
13.The Wey It Is / The Strokes
14.Molly's Chambers / Kings of Leon
15.Dead and Gone / The Ettes
16.No Home / The Ettes
17.Sheena Is a Parasite / The Horrors

posted by じゅんこ at 23:59| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷室京介ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

横浜2日目セットリスト

ツアーファイナル!
トリプルアンコールでまさかの「Dreamin' 」!

「TOUR 2010-11 BORDERLESS "50x50 ROCK'N'ROLL SUICIDE"」@横浜アリーナ

01.Rock'n'Roll Suicide
02.Doppelganger
03.BANG THE BEAT
04.PARACHUTE
05.Weekend Shuffle
06.Silent Blue
07.ONE
08.STORMY NIGHT
09.MOON
10.MISSING PIECE
11.Sarracenia
12.Claudia
13.Say something
14.The Distance After Midnight
15.My Name is “TABOO"
16.忘れてゆくには美し過ぎる…
17.NO MORE FICTION
18.LOST WEEKEND
19.TASTE OF MONEY
20.WILD AT NIGHT
21.WILD ROMANCE

アンコール1
22.SWEET REVOLUTION
23.IN THE NUDE
アンコール2
24.ANGEL2003
25.SUMMER GAME
アンコール3
26.Dreamin'

posted by じゅんこ at 18:56| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷室京介ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

横浜初日セットリスト

「TOUR 2010-11 BORDERLESS "50x50 ROCK'N'ROLL SUICIDE"」@横浜アリーナ

01.Rock'n'Roll Suicide
02.Doppelganger
03.BANG THE BEAT
04.PARACHUTE
05.Weekend Shuffle
06.Silent Blue
07.ONE
08.STORMY NIGHT
09.MOON
10.MISSING PIECE
11.Sarracenia
12.Claudia
13.Say something
14.The Distance After Midnight
15.My Name is “TABOO"
16.忘れてゆくには美し過ぎる…
17.NO MORE FICTION
18.LOST WEEKEND
19.TASTE OF MONEY
20.WILD AT NIGHT
21.WILD ROMANCE

アンコール1
22.SWEET REVOLUTION
23.IN THE NUDE
アンコール2
24.ANGEL2003
25.SUMMER GAME

posted by じゅんこ at 23:59| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷室京介ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-