2011年05月12日

相乗効果☆

有川浩「阪急電車」読了。
映画もよかったけど、
原作もおもしろかった。
映画に出てないエピソードも出てくるの。
短編が少しずつリンクする形なので、
読みやすいですよ。
映画を見てから原作を読むか。
原作を読んでから映画を見るか。
そこが悩ましいかもね。


阪急電車 (幻冬舎文庫)
有川 浩
幻冬舎 (2010-08-05)
売り上げランキング: 81




posted by じゅんこ at 23:58| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

脱いだ…(呆然)

便りがないのは元気な証拠?
そんなん嘘だ。

某中学生女子のブログを読んでいる。
カルチャーショックけっこうあるよ。

月野恵梨香さんのUSTライブ中継は、
画像が粗くて残念だったけど、
西山史晃さまのお姿を
拝見できただけでも良かったとする。
教えてくれてありがとね。

津田大介さんの「未来型サバイバル音楽論」読了。
個人的には今後のライブハウスの動向が気になる。
「音楽がおいしいビジネスではなくなるのですよ」という一文を
肯定的にとらえるか否定的にとらえるかで
スタンスがわかるんだろうな。
そして音楽の話ではあるけれど、
クリエイティブ論でもあると思うので、
モノ作りに関わる人は読んでみることを強く勧めます。
どこかの広告代理店さんも
単なるミドルマンでは生き残れないことは明らかなので、
即刻ニューミドルマンになるべし。
高木ファクトリーの方々の感想も聞いてみたい。
それとネットを音楽に取り入れた先駆者として、
The Water Of Lifeはもっと評価されるべき。
それからメジャーにいっても上京せずに
北九州で音楽を続けたhi*limits。
もし…とか言いたくないけど、
デビューがあと10年遅かったら、
だいぶ状況は変わったんだろうな。
というわけで良書で読みやすいよ。
ココから購入したらじゅんこさんに小銭が入ります。
よろしく☆

posted by じゅんこ at 23:59| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

Love + Peace

m_201011061421024cd4e5be69951.jpg

山田詠美さんのサイン会@大垣書店イオンモールKYOTO店。
大好きな憧れの人。
握手してもろたよ。
あの大きな目で見つめられて、
「ありがとう」って言われちゃった。
幸せすぎる。

「不埒(ふらち)な女」になりきる挑戦
今回の短編のインタビューです。

タイニーストーリーズ
山田 詠美
文藝春秋
売り上げランキング: 961


それから会社に行って取材の文字おこし。
休日出勤なんてしたくはないが、
静かな環境で集中してやらんと進まんのよね。

BAD SiX BABiESのライブ。
下北沢は盛り上がったようで。

片山ブレイカーズ、京大「中山酒店」に今年も出演。
今月20日の18時頃だそうですよ。

ドコモのCMで、
くるり岸田とダースベイダーが共演。
最後にサダヲが出てきてわろた。

posted by じゅんこ at 23:59| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

夢を見たのはどちらかしら?

「ふしぎの国のアリス」の続編のような作品。
前にも書いたけれど、
読むならこの福音館書店の本がいいですよ。
子どもが読むよりも、
大人になってから読んだほうが、
味わい深いような気がする。

花壇の土が柔らかすぎるので眠ってしまう花たち。
ただ同じ場所にとまっているために必要な、
大変なスピードでの走りっこ。
誕生しない日のおくりもの。

鏡の国のアリス (福音館古典童話シリーズ (9))
ルイス・キャロル
福音館書店
売り上げランキング: 288398


posted by じゅんこ at 23:45| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

空想

童話だから小さい頃に読んだはず。
なのにどんな内容だったか覚えてなくてね。
こんな話だったっけ?
「鏡の国」とごっちゃになってる?
でもこの挿絵は確かに見たことある。

ふしぎの国のアリス (福音館古典童話シリーズ (4))
ルイス・キャロル
福音館書店
売り上げランキング: 228778


posted by じゅんこ at 23:58| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

おどろおどろ

テレビアニメ「四畳半神話大系」も始まり、
(今週録画忘れた…泣)
なんとなく森見登美彦ブーム。
これは図書館で見つけた一冊です。
既読本と比べてみると、
怪しさが際立っていて、
京都の闇というか、
奥の部分をのぞいたような感じ。
こういうのも書けるんだね。
私はユーモア満載の作品のほうが好みだけど。

きつねのはなし
きつねのはなし
posted with amazlet at 10.05.27
森見 登美彦
新潮社
売り上げランキング: 107756


posted by じゅんこ at 20:37| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

現実

100512_0029~01.jpg

ほんとに今さらって感じなんだけど、
井上雄彦ってすごいのな。
一気読みした。

REAL 1 (Young jump comics)
REAL 1 (Young jump comics)
posted with amazlet at 10.05.15
井上 雄彦
集英社

posted by じゅんこ at 23:58| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

残念な一冊

「クワイエットルームにようこそ」以来、
4年ぶりの小説で芥川賞候補作。
おもしろかったけれど毒が少ない。
もっともっとどろどろして欲しかった。
するっと読めて物足りない。
松尾ちゃんはこんなもんじゃないのに。

老人賭博
老人賭博
posted with amazlet at 10.05.04
松尾 スズキ
文藝春秋
売り上げランキング: 49584


posted by じゅんこ at 23:57| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ならぬことはならぬものです

会社のエラい人が、
数年前からこの本に感化されてて、
会話にも出てくるから読んでおこうかなと。
『いま日本に必要なのは、
論理よりも情緒、
英語よりも国語、
民主主義よりも武士道精神であり、
「国家の品格」を取り戻すことである。』
納得できる部分もありつつ、
それは極端すぎるんちゃうのん?
と首をかしげる部分もありつつ。
平易な言葉で書いてあるから、
自分の好きなとこだけ抜き出して、
好きなように解釈するんだろうなあ。

国家の品格 (新潮新書)
藤原 正彦
新潮社
売り上げランキング: 3523


posted by じゅんこ at 23:45| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

単行本1億冊突破らしいですよ

引き続き不調にて。
天神川沿いの桜が美しかったのです。

ハッピーパウダー250%。
セブンイレブンにて購入。

1004102.jpg

マンガってすごいね。
何度も泣きました。
流川が好きです。

1004101.jpg



posted by じゅんこ at 23:59| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。