2015年10月23日

靴のことばかり考えている。

カンペールというそこそこお高い靴。
今から10年ほど前、
ひょんなことがきっかけで購入した思い出深い靴。

その靴底が割れてしまった。
他にもあちこちすり減ってぼろぼろの状態。
しばらく放置していたのだが、
いろいろ想いがあって捨てるに捨てられない。

そこで思いついたのが修理である。
しかし、調べれば調べるほど、
カンペールの靴というのは、
設計が独特なので直すのが難しいらしい。

困った私はあちこち店を探すことになる。

A店(自宅最寄駅)
直接持ち込み。
靴底を見て、
けんもほろろに修理不可と即答される。

B店(神奈川)
メールで数回やり取り。
値段と納期が折り合わず断念。

C店(大阪)
メールで数回やり取り。
写真を送ると値段はまあまあなものの、
仕上がりになんとなく不安が残る。
ブログも自慢気味だし。
それと宅配便で送るとなると送料も気になる。
こういうよくない予感は当たるのでやめる。

D店(吉祥寺)
こちらもメールでやり取り。
細かいことを詳しく聞いても、
納得のいく答えを提示してくれた。
サイトやお店のセンスもいい。
ブログの文章には、
スタッフのこだわりと遊び心が見え隠れしている。
そしてなにより、
オーダーメイドの靴を作っていることもあり、
技術がしっかりしてると思った。
値段、納期も納得。

というわけで、
実際に会って話を聞くべく、
D店に足を運んでみることにした。

結果から言おう。
素晴らしかった。

30分ほどお話させてもらうなかで、
修理の方法や、メリット、デメリット、
料金のことなどを、明快に教えてくれた。
靴に対する愛情を存分に感じたし、
この人にならお任せしてみたいと思った。
靴底だけではなく、
ぼろぼろのあちこちもお願いすることにしたので、
結果としてかなりお高くなってしまったのだが、
逆にどのように仕上がるのか楽しみになってきた。
こちらのお店には、
他店で断られた靴の修理依頼がたくさん届くらしい。

職人ってこういう人のことを言うのだな。

納品は1か月後。
わくわくしている。

posted by じゅんこ at 10:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428335600

この記事へのトラックバック
-