2016年02月28日

77

ブログにも書いておこう。

父の喜寿のお祝いをした。
食事をして、
似顔絵と夫婦茶碗をプレゼント。
喜んでもらえたようでよかった。

似顔絵はなつみかんという会社にオーダー。
ネットで写真を贈って描いてもらった。
基本12日くらいかかるらしいんだけど、
短納期に対応していただいて大感謝。
釣りが趣味の父なので、
大きなヒラメも描いてもらおうと思ったら、
魚は別料金と言われたので、
釣り竿だけ入れてもらったという裏話あり。

160227-1.jpg

湯呑みは備前焼大蔵窯さんにオーダー。
桐箱入りで落ち着いた感じのものを
あれこれ探してみてこちらになった。
実物もとても素敵で、
翌日からさっそく使ってくれています。
(画像はお借りいたしましたぺこり)

160227-2.JPG

日曜日は私の雛人形を見に行った。
飾らずに眠らせておくのはもったいないと、
数年前に近くの老人ホームへ寄贈したもの。
事後承諾だったので、母から聞いたときは、
そんな大事なことを…と呆れてしまったのだが、
(ぶっちゃけ若干怒ったりもした)
ホームの皆さんに喜ばれているようでよかったのかも。

160228-1.jpg

それから偕楽園に梅を見に。
人いっぱい。

160228-2.jpg

この時期に帰省するのは珍しいから、
いろいろ体験できてよかった。
みんな元気でいるのがいちばんだね。

posted by じゅんこ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

腑に落ちない

某グループLINEで個人情報を教えろと。
「一切悪用しませんし、
情報漏洩がないように
運営委員でしっかりと管理していきますので、
会ったこともない相手に
個人情報を教えるのは抵抗ある方も
いらっしゃるかもしれませんが
そこは信じてくださいね」

…しっかりの根拠がないのに何を信じろというのか。
みんなそんな簡単に本名とか住所とか生年月日教えちゃうの?
アホなの?

ということがあったので、
・なんでそんなに個人情報収集するのか
・「しっかり」の根拠
・教えなかった場合どうなるのか
を質問した。

そしたら、私のような普段はサイレントマジョリティの人たちが
複数賛同と提案のコメントを出してくれたので、
声を出してよかったなと思った。

その後、運営してる人からわかりやすい答えをもらったので、
まあこの話はそれでいいやと思ってたんだけど、
念のためと思って、
個人情報扱うマシンに、
なんのセキュリティソフトを入れてるか質問してみたら、
逆に「どのソフトがいいか教えてください」だと。

え?
なんも入れてないの?
それで人のプライバシー扱うの?
バカなの?

posted by じゅんこ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

naotのサボ

ずっとずっと前に、
ほぼ日のtobichiでnaotの靴に出会った。

ちら見だけして帰るつもりだったのに、
スタッフの方の丁寧な接客で、
試し履きをさせてもらうことにした。
その新品のサボもよかったんだけど、
履きならしたというサボに足を入れてみたら、
その足を包み込んでくれる感覚が全然違くて、
びっくりしたことを覚えている。
まあ、当たり前だけどそれなりの値段はするので、
いつか買おうと心に決めた。

そして、10月。
蔵前のnaot東京店で念願のサボを購入した。
いろいろ迷って決めたのは、
Rainy Greyというシックなお色。
これだとどんな靴下にも合う。
横幅を少し調整してもらって、
買ったばかりのサボを履いてウキウキして帰った。

160220.jpg

それから1日おきくらいのペースで、
こまめにお手入れしながら、
お付き合いをしている。
今ではすっかり私の足になじんでいる。
靴を育てていくってこういう感覚なんだなあ。

そして春に向けてもう1足サボが欲しくなっている。
ああ悩ましい。

posted by じゅんこ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

用賀の叔母

水曜日は用賀に住んでいる叔母のお通夜だった。
12月に脳溢血で倒れてから入院してて、
肺炎を併発したそう。

私も仙川の病院に2回ほどお見舞いに行ったのだけど、
すでに話すことはできなくなっていた。

母から訃報を聞いたとき、
悲しかったのは事実なんだけど、
亡くなる前に会えてよかったと思った。

最後に会いに行ったときはかなり苦しそうだったけど
棺の中ではまるで眠っているような穏やかな顔をしていた。
遺影も素敵な笑顔だった。

叔父さんも娘である従姉妹夫婦も、
気丈に振る舞ってたけどね。
やっぱりその悲しみは大きいわけで。
なんて声をかければよかったのか。
こういうときいつも困る。

お通夜は不動前の斎場で行われた。
同時に何組ものお通夜が執り行われていて、
なんだかシステマチックだった。
都会ってこういうものなのかな。

お焼香は何回やっても緊張する。
それから(見た目だけでいうとレゲエやってそうな)異国の青年が参列してて
あきらかに戸惑ってたし長い読経に飽きてた。
まあいいけど。

通夜振る舞いの席で、
従兄弟たちと献杯しながらいろいろ話した。
会うの何十年ぶりという人もいて。
小さい頃は毎年お正月に集まっていたのにね。
懐かしい。
従兄弟の子どもたちは来年結婚するとか大学生だとか。
月日が経つのは早いわ。

叔母とうちの母は唯一の姉妹だったからとても仲がよくてね。
うちの家族と叔母一家で箱根に行ったなあとか思い出したり。

足が悪くて参列が叶わなかった叔父がいてね。
亡くなった妹に書いた手紙を息子に託してて、
それをみんなで回し読みさせてもらった。
心がこもっているのはもちろん、
知性のある粋な文章だった。
そういえば叔父は本を出すほどだったんだった。
あの本、実家にまだあるだろうか。
読んでみたい。

それから母の従姉妹も宮城から駆けつけてて話すことができた。
叔母の人徳だなあと思った。

そんな感じでみんなと別れて一人で帰宅しながら、
家族という存在とか将来について考えこんでしまった。

日曜日と火曜日は仕事に関係する国家試験で、
(私が受けたわけではないけれど)
翌日はそれに付随するあれこれに忙殺されたり。
わりと大変な一週間でした。

posted by じゅんこ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-