2017年05月23日

シンクロニシティ

「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS SYNCHRONICITY」を見てきた。

DAgFn3WU0AEtlYS.jpg

DAg5WN5UMAALmwP.jpg

そういや、あの3日間の感想を、
このブログには書いてなかったなと。

なんだかうまくまとめられず、
気づいたらこんなに時間が経っていた。

なのでtwitterから拾ったそのときの想いと、
セットリストを載せておきました。

ちなみに、下記はさっきKING SWINGに送ったアンケート。
400字きっかり。

------
あの日から1年。
早いものですね。
大きなスクリーンであの日のことを思い出しながら、
静かに見入っていました。
懐かしいよりも逢えた喜びのほうが大きかった。
忘れていたことを思い出したり、
あのときの氷室さん、あんな表情をしていたんだなんて思ったり。
「The Sun Also Rises」はさすがに涙が止まらなかったです。
普段そんなに意識しているわけではないけど、
自分がいかに氷室京介という人が好きなのかを再認識。
氷室さんに支えられてここまで生きてこれたんだな。
氷室さんがいてくれたから自分に嘘つかずにいれたんだな。
氷室京介はずっと私の目標だったんだな。
そんなことをしみじみ実感しました。
氷室さん、サポートメンバーのみなさん、スタッフのみなさん、
素敵なプレゼントをありがとう。
氷室京介のファンでいることは私の誇りです。
毎日いろいろあるけどさ、私は変わらず待ってるからね。
ずっとスクリーンを凝視していたせいで、
終わった頃にはくたくたでした。
------

こっち↓は、KING SWINGからのメッセージね。
画像もそちらからの引用です。

DAg2C2TXgAAn9yF.jpg

Thank you for all the fans.
Our hearts are always Together.
Believe that...
Our hearts are Synchronized .

posted by じゅんこ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷室京介ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

ファンとの絆はサンクチュアリ。

『DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO“POSTSCRIPT"』THEATER EDITIONを公開初日に見てきたよ。
前半はPart1と2を編集して使ってるよ(理由は後述)。
後半はあの横浜スタジアムとLAST GIGS。

横浜スタジアム初日の転倒直後とかMCとか泣くよね。
LAST GIGS最終日のWOWOWライブも入ってるよ。
映画のあとは山崎大介監督と田家秀樹氏のトークイベント。
公開に合わせて監督宛に氷室からメールが来たという嬉しい話も。
気配りの人だよまったく。

映画タイトルのPOSTSCRIPTは、
「アルジャーノンに花束を」の最後から取ったんだって。
「五十にして天命を知る」は監督のお子ちゃまが功労者。
氷室に企画書を送り、長期間取材を続けてくれた監督に感謝だね。

この映画はコアな氷室ファンだけじゃなくて、
これから氷室を知る人にもたくさん見てほしい。
だからPart1と2も入れたとのこと。
私も先にHuluを見てたからブツ切りが気になったけど、
そこはわかってあげてほしいな。

田家さんはKS会報に2回に分けてレポを載せるそうで。
初回は昨日送稿して500字40枚(400字50枚だったかも)とか言ってた。
LAST GIGS全通するためにラジオ降板したらしい。
今年で御年70歳。
ロックだぜ。
なんにせよ2週間の限定公開だから映画館へ急げー!

このイベントの記事。
氷室京介「いまだ心地よい余韻を感じている」ラスト公演から1カ月

上記サイトに出ていた氷室からのメッセージを引用しますね。
「山崎さんからの問いかけがきっかけで
 自分の天命はなんなのかという事を改めて考え、
 ファンとの絆ということを自分のなかで再確認することができました。
 ライブの最終日から1カ月が経ちますが、
 いまだ心地よい余韻を感じながら、
 ファンの皆がこうやって集えるサンクチュアリのような空間を
 作ってくれた山崎さんに改めて感謝します。氷室」


出演していた俳優さんのインタビュー。
郭智博が氷室京介に完全密着して見えたビジョンとは?

CmSHYYTUMAAt1ES.jpg

posted by じゅんこ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷室京介ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS』追記

ライブレポに関しては、
新聞やWebなどあれこれ読みましたが、
23日のナタリーと下記の2つだけ押さえておけばよいかなと。

氷室京介『LAST GIGS』は“感謝のステージ”だったーーふくりゅうの総括レポート

田家秀樹ブログ・新・猫の散歩 私たちの望むものは。

posted by じゅんこ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷室京介ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

余韻

ボードに書いた私のメッセージが「めざましテレビ」に映っていた。

昨日は音漏れ組や、
その音漏れをツイキャスで聴いていた人たちもいたとか。

「B・BLUE」の歌詞を読み返して泣きそうになってる。

デイリースポーツに直メールしたので記事が修正されたら褒めてください。
↓↓↓
修正きたー。
褒めろ。
氷室 松本、TAKUROとロスで焼肉/芸能/デイリースポーツ online
(初出時、B'z松本氏のお名前が稲葉氏になっていたのです)

posted by じゅんこ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷室京介ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS』最終日

うちの社長さん、たまさんと話したことあるって言ってたけど、
あたしは西山さんとげふんげふん。

氷室京介『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS』最終日@東京ドーム。
いよいよこの日が。

目の前に氷室ファンが二人いる(山手線)。
クロムハーツに黒づくめなのですぐにわかる。

氷室へのメッセージボードを書くために並んでるのですが、
かなりの列なのでお早めに。

160523.jpg

隣の男性が貧乏ゆすりしてる助けて。

アルバム制作は続行することを明言。
60歳にリリースするアルバムタイトルは『還暦』w

初代氷室京介。
最後まで氷室京介を貫き通した。
かっこよすぎるだろ。
今日のことは絶対忘れたくない。

これからも氷室のファンとして、
恥ずかしくない生き方をするよ。

腑抜けではありますが、
アルバム制作は続けるって言ってくれたことでかなり救われてる。

氷室京介ラストライブで35曲熱唱「これで気持ちの整理がついた」
さすがナタリーわかってるね。
情報がどこよりも早い(22:35)。
LOVE。

3時間ライブ×3日間というのは、見てるだけでもなかなかハードですな。
明日もライブですけど。

現実味がない。

1.DREAMIN’
2.RUNAWAY TRAIN
3.BLUE VACATION
4.TO THE HIGHWAY
5.BABY ACTION
6.ROUGE OF GRAY
7.WELCOME TO THE TWILIGHT
8.ミス・ミステリー・レディ
9."16"
10.IF YOU WANT
11.LOVER'S DAY
12.CLOUDY HEART
13.LOVE & GAME
14.PARACHUTE
15.BANG THE BEAT
16.WARRIORS
17.NATIVE STRANGER
18.ONLY YOU
19.RENDEZ-VOUZ
20.BEAT SWEET
21.PLASTIC BOMB
22.WILD AT NIGHT
23.WILD ROMANCE
24.ANGEL

<アンコール1>
25.The Sun Also Rises
26.魂を抱いてくれ
27.IN THE NUDE
28.JELOUSYを眠らせて
29.NO.N.Y.

<アンコール2>
30.VIRGIN BEAT
31.KISS ME
32.ROXY
33.SUMMER GAME

<アンコール3>
34.SEX&CLASH&ROCK'N'ROLL
35.B・BLUE

posted by じゅんこ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷室京介ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS』2日目

氷室京介『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS』2日目@東京ドーム。

今日は15時開場。

ドームで弊社社長に遭遇して若干動揺している。
明日早退の理由もこれですすみません。

「for me」を「for you」でもなく「for us」にしてくれた。
それだけでなんかもう。

prideを訳すと「自尊心」。
そしてもうひとつの意味は「矜持」。
氷室がステージに立つのをやめるのは自尊心ではなく矜持。
そういうとこに惚れてるんだよ。
氷室が矢沢さんの哲学に影響を受けたように、
私は氷室の生き方を自然と学んで生きてきた。
ものすごいダメ人間ですけどね。

西山さんかっこいい!!!←定期
YT氏かっこいい!!!←new

下手に来てくれんかった。

昨日に比べれば、今日は割合フラットな感情で見られた。
サポート陣の細かい動きなんかも。

月が黄金に輝いている。


1.DREAMIN'
2.RUNAWAY TRAIN
3.BLUE VACATION
4.TO THE HIGHWAY
5.BABY ACTION
6.ROUGE OF GRAY
7.WELCOME TO THE TWILIGHT
8.ミス・ミステリー・レディ
9."16"
10.LOVE & GAME
11.IF YOU WANT
12.LOVER'S DAY
13.CLOUDY HEART
14.PARACHUTE
15.BANG THE BEAT
16.WARRIORS
17.NATIVE STRANGER
18.ONLY YOU
19.RENDEZ-VOUS
20.BEAT SWEET
21.PLASTIC BOMB
22.WILD AT NIGHT
23.WILD ROMANCE

posted by じゅんこ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷室京介ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS』初日

氷室のファンていつもどこに生息してるんすかね?という素朴な疑問。

東京ドームから駅へと向かう道すがら、
見上げた月が美しかった。

氷室京介『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS』初日@東京ドーム。
不器用で人間臭くてどこまでもプロフェッショナルだった。

体感でBOØWY曲6割くらいだと思ったんだけど、
ネットでセトリ見たら半分くらいね。
それでも多いな。
彼なりのファンへの感謝の気持ちなんかな。

アンコールも含めて全32曲らしい。
ぶっちゃけ歌うのしんどそうな場面が何度もあった。
見ていてこちらが苦しくなるくらいの。
でもその場でできる最高のライブを見せようとする気概は全く衰えていなかった。

MCで「最後の」っていうたび胸にきた。
中盤のI、L、Cの三連発で涙が止まらんくなった。
歌詞がこれまでとは意味が変わって聞こえてきたよ。
アンコール1曲目もたまらんかった。

耳についてはもう仕方ないというか達観しているようだった。
でも横浜でのあばら3本骨折は相当悔しかったらしく。
それが今回のリベンジにつながっている。

『NEWS ZERO』に自分の曲を使われたのは
キャリアの中でもプラウドな出来事だったと。
あと『JUST A HERO』で初めてデモ作成したことがソロ活動のとき役立ったとか。

そしてサポート陣もプロフェッショナル。
特に女房役と言われる西山さんは、
ステージ全体の動きをよく見てる。
氷室が花道にいるときはがっつり前に出て煽ったり。
あたしは氷室の後ろでベース弾いてる西山さんがいちばん好きだ。

中学生で氷室に出会って、
誰よりも影響を受けまくって、
ずっとずっと彼の背中を追いかけてた。
歌だけでなく彼の生き方そのものが憧れだった。
不器用でも自分に正直に生きることを教えてくれた。
自分を肯定できた。
氷室がいなければ今の私は存在しない。

氷室が卒業すると決めたのならば、
それはもう誰にも止めることはできない。
わかってるんだよ。うん。だから私は逃げないでちゃんと見届けるよ。
それが私のちっぽけなプライドなんです。
以上、自分語り失礼しました。

そーいやドームでビールの売り子さんたちが客席をまわっていた。
本物初めて見た。
かわいかった。


1.DREAMIN'
2.RUNAWAY TRAIN
3.BLUE VACATION
4.TO THE HIGHWAY
5.BABY ACTION
6.ROUGE OF GRAY
7.WELCOME TO THE TWILIGHT
8.ミス・ミステリー・レディ
9."16"
10.LOVE & GAME
11.IF YOU WANT
12.LOVER'S DAY
13.CLOUDY HEART
14.PARACHUTE
15.WARRIORS
16.NATIVE STRANGER
17.MARIONETTE
18.ONLY YOU
19.RENDEZ-VOUS
20.BEAT SWEET
21.PLASTIC BOMB
22.WILD AT NIGHT
23.WILD ROMANCE
24.ANGEL

<アンコール1>
25.The Sun Also Rises
26.魂を抱いてくれ
27.B・BLUE
28.BANG THE BEAT
29.NO.N.Y.

<アンコール2>
30.VIRGIN BEAT
31.ROXY
32.SUMMER GAME


【KYOSUKE HIMURO LAST GIGS】
4月23日(土)京セラドーム大阪
4月24日(日)京セラドーム大阪
4月29日(金)ナゴヤドーム
5月14日(土)福岡ヤフオクドーム
5月21日(土)東京ドーム
5月22日(日)東京ドーム
5月23日(月)東京ドーム

posted by じゅんこ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷室京介ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

なんびょう

私は大きな疾患を2つ抱えているのですが、
そのうちの1つが、
厚労省の指定難病として初めて検討されたらしい。

具体的に書くと、
5月16日の厚生科学審議会の疾病対策部会、
第14回指定難病検討委員会の議題に挙がったと。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-kousei.html?tid=206844

指定難病に認定されると、
医療費助成の対象となったりするのですよ。
それがいいかどうかはおいといて、
世間的な認知度も高くなるだろうし。

現在、医療費助成対象になっているのは全部で306疾病。
けっこうあるのね。
ちなみに根拠は難病法(難病の患者に対する医療等に関する法律)。

苦しんでいる人たちが少しでも救われますように。

posted by じゅんこ at 17:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

なんでこんな無粋なことを言わなあかんのか

画像、テキスト、その他もろもろ。
転載はおやめください。
最近、ちょっと目に余る。
常識が通じないのだろうか。

あたくし、著作権放棄してないですよ。
そこに載っている方にも失礼ですよ。

ものを作る人に対しての敬意は忘れたくないよね。

ご参考までに。
ウェブサイトの画像使用は著作権に気を付けて

posted by じゅんこ at 16:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

たまには仕事の話

昨日で大きな案件が片付きました。
ちょっとだけのんびりするつもりでしたが、
そうもいかなくなりました。

責任重大。
スケジュールを手帳に書き込んだだけですでに白目。

とにかくやっていくしかない。

一人の仕事は増える。
でもまわりの人が支えてくれてることを忘れずに。
「チーム」で「働く」というについてを考えてみよう。

ピンチはチャンス。
なんて言葉が頭をよぎる。
伸びしろはまだまだあると信じる。

でも残業はなるべくしないんだぜ。

posted by じゅんこ at 16:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-